Privacy Policy

日本語

プライバシポリシ

発効日:08. 22, 2023.

 

1.        紹介と

2.        情報

3.        情報使用

4.        情報共有

5.        その他の事者

6.        分析と

7.        お客利と選

8.        

9.        セキュリティ

10.     海外送信

11.     本プライバシポリシ

12.     個人情報取扱事業者

13.     ネバダ州居住者のための追加開示

14.     カルフォルニア州居住者のための追加開示

15.     ロッパのデタ主体にする追加開示

16.     市民、または台タ主体にする追加開示

17.     日本居住者のための追加

18.     ロシア連邦のデタ主体にする追加開示

 

 

1. 紹介と

 

本プライバシポリシはエヌソフト(「NCSOFT」、「社」)があなたの情報を集、利用及び共有する方法と、その情報にする利と選事項にする包括的な明を提供します。本プライバシポリシ社のPlayNCプラットフォム(以下、「プラットフォム」)とプラットフォムで提供されるゲム(以下、「ゲム」)、プラットフォムで提供されるストリミングサビス(以下、「ストリミングサビス」)、プラットフォム向けウェブサイト、ゲムやストリミングサビス(以下、「ウェブサイト」)と連する用プログラム(「アプリ」)、及び本プライバシポリシがリンクされている社運のすべてのオンラインアドレス(総称して「サビス」という)に適用されます。

 

ビスをご利用いただくあなたは本プライバシポリシに記載されている通りに社の利用規約集、取り扱い及び開示(disclosure practices)とその他の活動に同意するものとします。同意しない場合はサビスのご利用を中止してください。

 

ご不明点がある場合、または利や選択権行使を希望する場合は「個人情報取扱事業者」に記載されている社宛にご連絡ください。ネバダ州居住者、カリフォルニア州居住者、台居住者、または台法律に定義されているデタ主体、日本居住者、または日本法律に定義されているデタ主体、ヨロッパのデタ主体の場合は本プライバシポリシの最後に記載されている追加開示事項(additional disclosure)をご考ください。

 

イギリス、州連合、またはスイスから送信された個人デタの場合、標準契約項(Standard contractual clauses)に準ずるなど適切な保護措置を提供します。

 

2. 情報

 

社はあなたによるプラットフォムの利用、ゲムプレイ、ストリミングサビス利用、アカウント登、プロフィルのアップデト、コンテンツへのアクセス、報酬プログラム(reward program)加入、購入、プロモション加、またはカスタマサポトを含めて、サビスを利用する場合、あなたの情報を集します。

 

A. あなたが社に提供する情報   

 

あなたがサビスを利用する際に集する情報範疇は下記の通りです。

 

 あなたの性と名、メルアドレス、電話番、郵便番を含む連絡先情報

 あなたのメルアドレス、パスワド、パスワドのヒント、認証及びアカウントアクセス情報(例:PIN)を含むアカウント情報

 保護者のメルアドレス、クポンコド、携電話の個人認証情報、銀行名やクレジットカ社を含む決情報

 生年月日、性別とを含む人口統計デ

 あなたの興味・関心、推論情報、嗜好及びおに入りを含むプロフィルデ

 製品、またはサビスの購入、獲得や購入討記を含む商取引情報

 あなたが社に送るメッセジ(例:フィドバック意見やカスタマサポトへのお問い合わせ)のコンテンツ、またはサビスに公開的に投稿したコンテンツ(例:商品レビュやブログのコメントなど)を含むコンテンツ。また、社はあなたがサビスを通して他ユとやり取りしたすべてのメッセのコンテンツ(例:チャット機能を使用した場合など)を集します。

 性、名、メルアドレス、携を含む個人連絡先情報。社はあなたに同意を頂いた上、あなたの連絡先にするデタを集してあなたからの要請を履行します。あなたの要請とはサビスから連絡先を調べる、またはサビス加入のための連絡先のみなどがあります。このような機能はアメリカ居住者のための機能であり、この機能を使用することにより、あなたはあなたとあなたの連絡先がすべてアメリカにあり、社があなたの要請を履行するために連絡先情報を利用することにして同意したことを認めて同意したものとします。

 

あなたがプロモションに加して優勝者として選定された場合、景品によって社はそのプロモションの追加利用規約の記載容に基づき、あなたの運免許証の番、パスポト、またはその他の類似する識別子を集することがあります。

 

イベント選者に景品を提供するために下記の情報を集することがあります。

 

 物景品:姓名、郵便番、電話番、メルアドレス

 オンライン景品:姓名、携、メルアドレス

 

あなたは社が要求していないその他の情報を自的に提供することはできますが、それによる一切の責任はあなたが負います。

 

B. 自動的に集される情報    

 

あなたがサビスを利用する際に自動的に情報を集します。社が自動的に集する情報範疇は下記の通りです。

 

 ビス利用デタ、あなたが利用する機能、アクセスしたペジ、あなたが確認したメルと告、社プラットフォム、ゲムとストリミングサビスとの相互作用と連するゲムプレイデタ、不具合と制裁措置記、あなたが見て購入した製品及びサビス、プラウザ利用時間、照と終了ペジ。

 デバイスデタ、あなたが使用した端末、またはブラウザタイプ、通信サビス社、ソフトウェア、インタネットサビス プロバイダ、端末のエリアと言語設定、IPアドレスのような端末識別子、グロバル固有識別子、及びID

 位置デタ、不正確な位置デタ(例:IPアドレスから派生された位置、または都市、または郵便番水準のデタ)を含む。あなたの同意があり場合、正確な位置デタ(例:緯度/度デタ)

 

情報を自動的に集するために使用する追跡技術タイプは下記の通りです。

 

 ログファイル:サビスを利用することで生するイベント記

 クッキはプラウザを識別する固有のタグの役割をする端末に保存されている小さなデタファイルです。社は2つのタイプのクッキ(セッションクッキ、永クッキ)を使用します。セッションクッキを使用すると社のウェブサイトをより簡索することができて、プラウザを閉じると了します。永クッキ経験を個人化し、基本設定を記憶してセキュリティ機能の対応に役立ちます。また、永クッキを利用してサビス外で告を提供することがあります。永クッキはあなたの端末に長時間るがあり、あなたのブラウザ設定からコントロルすることができます。

 ピクセル(ウェブビコンともいう):あなたの利用にする情報をサに送るウェブサイト、ビデオ、メル、または告に含まれているコドです。像ピクセル(小さなグラフィック像)やJavaScriptピクセル(JavaScriptドを含む)及びなタイプのピクセルがあります。ピクセルが含まれたウェブサイト、ビデオ、メル、または告にアクセスするとピクセルは社または別途法人があなたのブラウザからクッキを削除したり、むことを許容することがあります。ピクセルはクッキとともに特定の端末から特定のブラウザの活動を追跡することに使用されます。社はFacebook SDKのような別途法人のピクセルを統合して、コンバジョンを追跡(Track Conversion)してサビス外で告を提供し、社サビスとあなたのソシャルメディアのアカウントを連動させる機能のような追加機能を提供することができます。

 デバイスフィンガプリンティング:端末の「指紋」を生成してブラウザと端末を固有識別するためにJavaScript個体及びインストルされたフォントのような端末のブラウザのデタ要素グルプを分析及び結合するプロセスです。

 アプリ技術はクッキのようなブラウザ基盤ではなく、ブラウザ設定からコントロルできない社アプリに含まれた技術です。例えば、社アプリはあなたの使用情報をサに送るコドインSDK(例:Facebook SDK)が含まれることがあります。このようなSDKを使用するとコンバジョンを追跡してサー内外で告を提供し、サビスをソシャルメディアのアカウントと連動させる機能のような追加機能を提供することができます。

 位置識別技術は位置集に使用される技術です。例えば、あなたが社アプリによる正確な位置追跡に同意するとGPSWiFi及びBluetoothを使用して正確な位置デタを集することができます。位置デタは端末の場所を確認し、その場所に基づいて連コンテンツや告を提供したり制限するなどの目的で使用されることがあります。

 

社が分析及び告のために追跡技術を使用する方法とそれにするあなたの利及び選する詳細は下記「分析と」と「お客利と選」セクションをご考ください。

 

C. その他の情報源からの情報   

 

社はその他の情報源から情報を集します。情報を集する情報源の範疇は下記の通りです。

 

 社が集したデタを補完するためにデタを購入するデタブロッカ

 プラットフォム、ゲムまたはストリミングサビスにログインするために相互作用したり、使用するソシャルネットワ

 共同ブランドサビスを提供したり、社製品を販、または配布配信したり、共同マケティング活動に加するパトナ

 公開されているドメインのデタを含めてオプンされて使用できるソ

 

 3. 情報使用

 

社は本プライバシポリシってビジネス及び利目的で情報を集して利用します。情報集及び利用目的は下記の通りです。

 

 ビスの運と管理

 あなたの意見、質問、要望にする回答、返金対応、カスタマサポト提供などあなたが要請したサビスの遂行

 技術案、アップデト、セキュリティ警告、社のポリシー変更にする情報、サポト及び管理上メッセ

 詐欺、ポリシまたは規約違反、脅迫、または被害防止と解決

 トレンド、利用や活動にするモニタリングと分析

 フォカスグルプ(focus groups)及びアンケトを含む究遂行

 ビスとその他のNCSOFTのウェブサイト、アプリ、マケティング活動、製品及びサビス改善

 社及びその他の法人の製品、提案、販促、リワド、イベントやサビスにする告、ダイレクトマケティング及びコミュニケション開

 あなたの適格性の確認と入場(entry)にして商品提供を含む宣活動

 あなたからの要請の履行

 あなたに通知してあなたの同意があった場合

 

上記記載の以外に社は連法律が禁止する場合を除いてあなたを識別しない情報(集計されたり、識別されない情報を含む)をな目的で使用することがあります。社のあなたにする情報を取り扱う方法にしてあなたの利及び選する情報は下記「お客利と選」セクションをご考ください。

 

4. 情報共有

 

社は本プライバシポリシに記載されている慣行にって集した情報を共有します。社が情報を共有する事者の範疇は下記の通りです。

 

 ビス提供事業者:社は社に代わって情報を理するサビス提供事業者と情報を共有します。サビス提供事業者は決済処理、デタ分析、マケティングと告、ウェブサイトのホスティング、技術サポトのようなサビスを提供します。社は社サビスの提供事業者が社のためにサビスを遂行すること以外の目的であなたの情報を保有、使用、または開示することを契約的に禁止しています。ただし、あなたを識別することができない情報(集計、または識別解除された情報を含む)が申請によって禁止された場合を除き、何らかの目的で使用することを許容することができます。

 供給業者とその他の事者:社は分析及び告などの目的のために供給業者及びその他の事者と情報を共有します。このような事者は社サビス提供者としての役割を遂行したり、特定の況であなたの情報理方法を自主的に決めることができます。告及び分析にする詳細は下記「分析と告」セクションをご考ください。

 系列社:社は社サビス提供者としての役割を遂行したり、自の部目的のために活動する場合を含めて系列社や社に情報を共有します。

 トナ社は共同ブランドサビス提供、製品販、または配布配信、共同マケティング活動加などにしてパトナと情報を共有します。

 プロモションと賞品:社の販促及び賞品は共同で協したり、他の事者が提供することができます。あなたが自的にプロモションに加したり、賞品を受け取る場合、社はプロモションまたは賞品に適用される公式ルル、または追加利用規約に記載されている情報のみならず、管理目的と法律(例:優勝者一)にって情報を共有します。プロモションに加したり賞品を受け取ることであなたはそのプロモション、またはミッションに適用されている公式ルルまたは追加利用規約に同意し、連法律が禁止する場合を除いて協者、またはその他の体が告またはマケティング資料にあなたの姓名、、または肖像を使用することを許容することができます。

 プンフォラム:社はあなたのプロフィル情報、または公開示板に投稿した情報のようにあなたがサビスを通してオプンした情報を共有します。あなたが公開するすべての情報にしての一切の責任はあなたが負いますので、情報を公開する前に重にお考えください。情報を投稿した後は下記「お客利と選」セクションに記載された追加限に基づき、その情報を編集したり、削除することはできません。

 または買社は提案されたまたは際に行われる合、買却、またはその他のタイプでの獲得、または企業結合、または社事業を他事業者に全体または一部の移管にする情報、または交中の情報を提供します。

 セキュリティと制開示:社は法律またはその他の法的手きを遵守し、必要な場合は家安全保障、または法執行要求にえることを含めて公共機の合法的な要請にって情報を共有します。社は社、サビス、または人の利、財産、生命、健康、セキュリティ、安全を守るために情報を共有します。

 要請促進:あなたの要請や指示にって情報を共有します。

 同意:社はあなたに通知し、あなたの同意の下で情報を共有します。

 

上記記載の以外に社は連法律が禁止する場合を除いてあなたを識別しない情報(集計されたり、識別されない情報を含む)を共有することがあります。社があなたにする情報を共有する方法にしてあなたの利及び選する情報は下記「お客利と選」セクションをご考ください。

 

5. その他の事者

 

社は他の事者が運用したり、統制するウェブサイト、プラットフォム及びサビスを通してサビスの一部を提供します。なお、社は他の事者が運用したり、統制する技術を社サビスの一部に統合します。

 

下記はいくつかの例です。

 

 リンク:社サビスには社が運用したり、統制しないウェブサイト、プラットフォム及びその他のサビスにパイパリンクされるリンクが含まれています。

 ログイン:社はあなたがソシャルメディアまたはGoogleFacebookAppleTwitterLineまたはVkontakteアカウントのような他プラットフォムを介してログインしたり、アカウント作成できるように許容することがあります。このような統合に加することを選するとオプンしたプロフィル名、メルアドレス、部の識別情報のようにあなたが社との共有を承認したプラットフォムから情報を受信することができます。プラットフォムは統合(Integration)により自主的にあなたの情報を集することができます。

 ブランドサイト:ソシャルメディアからコンテンツを提供することができます。あなたが社コンテンツに加する場合(例:社ブランドサイトから)、社に提供したすべての情報は本プライバシポリシ基づいて理されます。また、あなたがソシャルメディアに社サビスにする言及を公開した場合(例:Twitter投稿などにNCSOFTまたはサビスと連するハッシュタグ使用)、社はあなたの照を社サビスと連して使用することができます。

 プラットフォム連動:社は社のサビスにおけるあなたのアカウントにして特定のデタを索するためにあなたのNCSOFTアカウントを他サビスに連動させる機能を提供することができます。例えば、あなたのアカウントをSteamTwitchのようなゲムプラットフォムに連動させる場合、その連動によって社はあなたのゲムユ名、メルアドレス、像、ゲム性能及び最高スコアのような情報が得られます。このようなプラットフォムがあなたの情報を理する方法にする詳細はそのプラットフォムのプライバシポリシ及び利用規約をご考ください。

 

あなたが社サビスを離れる時を含めてあなたが他の事者と相互作用する場合、その事者はあなたにする情報を自主的に集し、あなたに情報を要請することができます。その事者が集及び保存した情報は社と共有する情報、サビス及び端末にするあなたの利及び選、アメリカまたはその他のエリアで情報を保存するかどうかを含めて自のポリシ及び慣行の適用を受けます。その事者のプライバシポリシ及び利用規約を熟知し、考することを推します。

 

6. 分析と

 

社はユがサビスにアクセスしてどのように利用するかを理解しやすくするために分析サビスを使用します。また、社は代理店、告主、告ネットワク及びその他の技術サビスと協力して社製品やサビスの告を他ウェブサイトやサビスに載します。例えば、社はGoogle及びFacebookを通じて告を出稿し、その告はGoogleFacebookのプラットフォムはもちろん、別のウェブサイトやサビスにも載されます。

 

このプロセスの一環として自のサビス(ウェブサイト、アプリ及びメルを含む)と別のウェブサイト及びサビスに表示される告に追跡技術を統合することができます。このような追跡技術の一部はあなたが利用するな端末に連動されて告及び/またはその他のコンテンツをあなたにけるために時間やサビス全般においてあなたの活動を追跡することができます(「興味・関心に基づく告」)

 

社は潜在顧客マッチングサビス(興味・関心に基づく告の一つ)を利用して社のサビスにアクセスしたり、一つ以上のデタベスで識別された人(または類似した人)にけます(タゲティング告)。これはハッシュされた(hashed)メルアドレスリストを告パトナに提供したり、告パトナのピクセルを自サビスに統合して告パトナ社デタとそのデタ間の共通要素を一致させることで遂行されます。例えば、社はサビスにFacebookピクセルを統合してFacebookマッチング象使用の一部としてFacebookとあなたのメルアドレスを共有することができます。

 

上記の通り、供給業者及びその他の事者は社サビス提供者としての役割を遂行したり、特定の況であなたの情報理方法を自主的に決めることができます。供給業者及びその他の事者のプライバシポリシ及び利用規約を熟知し、考することを推します。

 

社がサビスに使用する追跡技術のタイプと分析、興味・関心に基づく告及びタゲティング告にするあなたの利及び選する詳細は「自動的に集される情報」と「お客利と選」セクションをご考ください。

 

 

 

7. お客利と選

 

A. アカウント情報   

 

あなたはあなたのアカウント設定にアクセスしたり、下記の「個人情報取扱事業者セクションに記載されているメルアドレスにメルを送ってNCSOFTアカウントで社に提供した特定情報にアクセス、アップデトまたは削除することができます。本人確認のためにあなたに追加情報を要求することがあります。社は法的義務を遵守して、紛を解決し、契約を執行するために必要にじてあなたにする情報を保有及び使用することをご留意ください。

 

B. 追跡技術の選    

 

 クッキとピクセル たいていのブラウザはクッキを許可します。設定を更してクッキを無化または削除するようにブラウザを設定することができます。端末から複のブラウザを使用する場合は各ブラウザでそれぞれ設定する必要があります。クッキを制限する機能はブラウザ設定及び制限容に準します。

 追跡拒否 ブラウザの設定でアクセスしたオンラインサビスの「追跡を拒否」するシグナルを自動的に信することができます。しかし、このようなシグナルにしてサイトやアプリの運者が取るべき措置について業界における合意はありませんので、ご留意ください。したがって、法律によって要求されると解されないかぎり、社は「追跡拒否」シグナルにしてモニタリングしたり、措置を取ることはありません。「追跡拒否」にする詳細は http://www.allaboutdnt.com をご考ください。

 アプリ及び位置技術 アプリを削除してアプリによるすべての情報集を中止することができます。なお、あなたについて集した情報利用を制限するために、設計された端末設定からいつでも端末のIDを再設定することができます。アプリによる正確な位置情報集はアプリを削除したり、端末設定から同意を取り消すことで中止することができます。

 

追跡技術を無にしたり、削除するとサビスの一部が正しく動作しない可能性があります。

 

C. 分析及び興味・関心に基づく   

 

GoogleGoogle Analytics(https://tools.google.com/dlpage/gaoptout)Google Analytics for Display AdvertisingまたはGoogle Display Network(https://www.google.com/settings/ads/onweb/)集した特定情報の使用を拒否することができるツルを提供します。

 

ゲット告を提供するために協力社はタゲット告受信が拒否できる選択権を提供しなければなりません。このような社のたいていはデジタル告連合(「DAA」)及び/またはネットワ告イニシアチブ(「NAI」)の万バになっています。このような社が提供するタゲット告の詳細を確認して告受信拒否を選するためにはこちらのサイトをご確認ください。(ⅰ)DAA加者のウェブサイトタゲット告の場合は https://www.aboutads.info/choices(ⅱ)DAA加者のアプリタゲット告の場合はhttps://www.aboutads.info/appchoices(ⅲ)NAI加者のタゲット告の場合は https://www.networkadvertising.org/choices/

オプトアウトはこれらのメンバ企業がこれ以上特定タゲット告をあなたに送信しないことであって、あなたがこれ以上タゲットコンテンツ及び/または告を受け取らないということではありません。(例:メンバ企業の他の顧客と連して、または別の技術サビスから受け取る場合)

 

ゲティング告においてハッシュされたメルを使用して社を選解除するためには下記の「個人情報取扱事業者セクションに記載されている通りに社に連絡してタゲティング告を選解除することをお知らせください。タゲティング告にする情報共有を停止します。

 

このような方法のいずれかを使用して選解除する場合、あなたが選解除した特定のブラウザまたは端末にしか適用されません。社はオプトアウトオプションやプログラムの有性や遵守について、また、これらにする第三者の表明事項の正確性について一切責任を負いません。

 

D. 通信   

 

 電子メ いつでもメルに記載されている指針にい、配信停止リンクをクリックするか、「お問い合わせ」セクションに記載されているメルアドレス宛に「配信停止」と件名に書いてメルを送信するとプロモションメル配信が停止されます。あなたのアカウント、取引、サビス、またあなたの持的なビジネス係にするメルのような非プロモションメルは受信を拒否することができません。

 プッシュ通知 端末でプッシュ通知を許可した場合、端末で限を更したり、アプリを削除していつもで拒否することができます。

 SMSメッセジと通話 あなたは(ⅰ)SMSメッセジの場合、社が送るすべてのSMSメッセジへの答として「STOP」というテキストを送るか、「個人情報取扱事業者」セクションの下でSMSメッセジの配信停止を指定します。(ⅱ)通話の場合、あなたは社から受信した通話中にオプトアウトを要請するか、下記「お問い合わせ」セクションに記載されている通りに社に連絡して着信オプトアウトを希望することをお知らせください。

 

あなたの選解除は使用したメルアドレス、端末及び電話番に限ります。その後の配信には影響しません。

 

8. 


本サビスは一般的なユ象としており、13童は象外としています。社は童から意的に個人情報(米国児童個人情報保護法、または「COPPA」に定められている)を集することはしません。COPPAを違反して個人情報を集したことが分かった場合はCOPPAって個人情報を削除します。CCOPAに定められている通りにカルフォルニア州居住者の16の未成年者の個人情報を意的に「販」することはありません。

 

あなたが18のカルフォルニア州居住者で、本サビスを使用するために登した場合、サビスに示したすべてのコンテンツ、または情報を削除するように社に要求することができます。要求する場合は件名に「California Under 18 Content Removal Request」を入れて「個人情報取扱事業者」セクションに記載されているメルアドレス宛に削除したい項目をお知らせください。社は公共の視野(Prospective public view)から示物を削除するために善意の努力をします。コンテンツが完璧、または包括的に削除できると保障はできませんが、法的義務を遵守して、紛を解決し、契約を執行するために必要にじてコンテンツを維持することができます。

 

9. セキュリティ

 

社は紛失、難、誤用、不正なアクセス、開示、改ざん、破からあなたの情報を守るための妥な管理、物理的及び技術的なセキュリティ策を講じています。しかしながら、インタネットを介したデタ送信は完全に安全なものではありませんので、あなたの情報が安全であることを保証することはできません。

 

10. 海外送信

 

本サビスから集した情報はあなたが居住するからアメリカ、日本、大韓民、シンガポル、香港、タイ、フィリピン、インドネシア、ヨロッパ、ロシアとそれ以外の管轄送、理、保存及び使用することがありますので、ご留意ください。このようなその他の管轄のデタ保護法はあなたが居住するのデタ保護法と異なることがあります。そのため、あなたがサビスを利用したり、情報を提供することは本プライバシポリシって他管轄であなたにする情報の送、理、使用、共有、保存にしてあなたが同意したものとみなされます。

 

11. 本プライバシポリシ

 

社は本プライバシポリシをいつでも改定することができる利があります。容は改定したプライバシポリシ載される時点で即時に適用されます。あなたが社のサビスの利用をけることは載されているプライバシポリシに同意したものとみなされます。更新容が重要な場合はあなたのメルアドレスに追加通知を送ることができます。

 

12. 個人情報取扱事業者

 

■ こちらの個人情報理ポリシ、デ取り扱いもしくは連法律遵守にする質問や意見がある場合下記の連絡先にお問い合わせください。

 

privacy@ncsoft.com

 

住所:

大韓民 釜山域市  中央大路 192 キョデビル4

 

本プライバシポリシは体が不自由な方もアクセスできるように設計されています。こちらの情報へのアクセスに問題がある場合はprivacy@ncsoft.com までご連絡ください。

 

13. ネバダ州居住者のための追加開示

 

ネバダ州法(NRS 603A.340)に基づき、企業が消費者について集した特定の種類の個人情報を販しないように申し出るためのアドレスを指定しておく必要があります。ネバダ州法における「販」とは事業者が金的代のために個人情報を第三者に個人情報をライセンスしたり、販することを意味します。ネバダ州の消費者で、ネバダ州法遵守にするお問い合わせはprivacy@ncsoft.comまでご連絡ください。

 

14. カルフォルニア州居住者のための追加開示

 

こちらの追加開示(disclosure)はカルフォルニア州居住者に限ります。2018年カルフォルニア州消費者個人情報保護法(「CCPA」)は知る利、削除を要求する利、拒否する利など追加利を提供し、個人情報を集したり公開する企業が利行使にする通知及び手段を提供しなければなりません。

 

A. 集通知  

 

直近12ヶ月間、CCPAに明記されている範疇の個人情報を集しました。

 

 名前、住所、メルアドレス、電話番、オンライン識別子(例:IPアドレス)、運免許証の番、パスポト番、その他の類似の識別子を含む識別子 

 顧客記 

 性別、生年月日及び居住地を含めてカルフォルニア、または連邦法に基づき、保護される分類の特性(Characteristics of protected classifications under California or federal law

 入力、購入、獲得、またはリワド、販促、製品、またはサビスの記を含む商業または取引情報

 索記索記及びウェブサイト、メル、用プログラムまたは告との相互作用を含むインタネット活動

 地理的位置デ

 あなたにして予測される特性及び嗜好にする上記情報から得られる推論

 

情報源を含めて集する情報にする詳細は上記「情報」セクションをご確認ください。社はサビス管理を含めて上記「情報使用」セクションに記載したビジネス目的のためにこのような範疇の個人情報を集し、使用します。

 

CCPAにおける「販」が上記の「分析と」セクションに記載されている容のように本プライバシポリシに明記されている容まで含まれると解される限り、社はそのような容にして連法律を遵守します。社は利目的のために下記のような範疇の個人情報を開示します:識別子、特性、商業または取引情報、インタネット活動、地理的位置デタ及び推論。社が情報を共有する事者の範疇にする詳細は上記「情報共有」セクションをご確認ください。

 

B. 知る利と削除を要求する    

 

あなたは社の直近12ヶ月間のデタ取り扱いにする特定の詳細を知る利があります。特に下記を要請することができます。

 

 社があなたについて集した個人情報の範疇

 個人情報集先の範疇

 ビジネス目的で個人情報を開示したり、販した第三者の範疇

 個人情報を集、または販する事業、または利的目的

 社があなたについて集した特定の個人情報

 

また、あなたは社があなたから集した個人情報を削除することを要求する利があります。

 

このような利を行使するためには  privacy@ncsoft.com にご連絡ください。お連絡時にあなたが行使する利と要請範えてください。10日以に要請を受け付けます。本人確認をし、要請を理するために特定の情報が必要になることがあります。本人確認ができない場合はあなたの確認要求と削除要求を拒否することができます。

 

C. 退する   

 

CCPAに定められている「販」の定義通りにNCSOFTがあなたの個人情報を販する限り、あなたはいつでも社が第三者にあなたの個人情報を販すること拒否する利があります。自分の個人情報販禁止をクリックするかprivacy@ncsoft.com まで受信拒否要請メルを送ってください。

 

D. 指定代理人   

 

あなたを代理して要求を提出する限を預けた代理人を指定することができます。ただし、社は代理人の書面による証を要求し、即時に身元を確認します。

 

E. 差別禁止にする    

 

あなたはあなたの利行使にして社から差別待遇を受けない利があります。

 

F. Shine the Light    

 

カルフォルニア州に居住するお客(ⅰ)は第三者によるダイレクトマケティング目的で前年(immediately preceding calendar year)に社が第三者に開示した個人情報範疇リスト; (ⅱ)そのような情報を開示した第三者の範疇リスト。要求するためには上記「個人情報取扱事業者」に記載されているメルまたは住所にご連絡ください。ご連絡時に「California Shine the Light要請」であることを明記してください。本人確認のために追加情報が必要な場合があり、一年に一回だけ要求に答する義務があります。

 

15. ロッパのデタ主体にする追加開示

 

A. 役割

 

ロッパのデタ保護法は自分の目的のために個人デタを理する組織(「コントロ」という)と他の組織に代わって個人デタを理する組織(「プロセッサ」という)が分かれています。NCSOFTはあなたが社のウェブサイト、メル及び告と相互作用する際に集された個人デタにしてコントロの役割をします。

 

B. 理にする法的根   

 

ロッパのデタ保護法は個人デタを理するための「適法根」が必要です。社の適法根は下記の場合を含みます。(a)あなたは社、または社サビスの提供事業者、またはパトナに一つ、またはそれ以上の特定の目的のための理に同意しました。(b)あなたとの契約履行のために理が必要です。(c)法的義務を遵守するために理が必要です。また(d理は社、または第三者が追求する合法的利益の目的のために必要であり、あなたの利益と根本的な利及び自由はこのような利益より優先しません。該する場合、社は標準契約項のような適切な保護措置に沿ってあなたの個人デタを第三に送信します。

 

C. お客のデタ主体の   

 

あなたは社があなたについて集したすべての個人デタにアクセス、修正、または削除する利があります。あなたはデタ移動にする利と、あなたについて集した個人デ理を制限したり、反する利があります。また、あなたはマケティング目的、またはあなたが本同意したもの、または後で承認したものと別の目的であなたの個人デタが理されないように(または理するために第三者に提供しないように)社に要求する利があります。あなたはあなたが社に提供した同意にって社が遂行するすべてのデ理にしていつでも同意を取り消すことができます。

 

このような利を行使するためには上記の個人情報取扱事業者」セクションに記載されている通りに社に連絡して行使したい利を指定してください。30日以にあなたの要求に答します。本人確認をして、あなたの要請を理するためにあなたに特定の情報を要求することがあります。

 

社は情報を集した目的を達成するために、必要な分の情報を保有し、法的義務を遵守して紛並びに詐欺を防止しながら契約を履行します。

 

規程遵守にご不明点などある場合は上記「個人情報取扱事業者」セクションに記載されている通りに社にご連絡ください。また、あなたは管轄地域のデタ保護規制機に苦情を申し立てる利があります。

 

D. 一般デタ保護規則 (GDPR) – ロッパ代表   

 

一般デタ保護規則(GDPR27に基づき、NCSOFTEUGDPR代表としてEDPOEuropean Data Protection Office)を指定しました。GDPRするお問い合わせは下記のEDPOまでご連絡ください。

 

 EDPOのオンラインお問い合わせフォマット: https://edpo.com/gdpr-data-request/

 住所:Avenue Huart Hamoir 71, 1030 Brussels, Belgium に手紙を送る

 

E.     イギリスの一般デタ保護規則(GDPR– イギリス代表

 

イギリスGDPRに基づき、NCSOFT CorporationEDPO UK LtdをイギリスUK GDPR代表として任命しました。イギリスのGDPRするお問い合わせは下記のEDPO UKまでご連絡ください。

 

 EDPO UKのオンラインお問い合わせフォマット:https://edpo.com/uk-gdpr-data-request/

 住所:8 Northumberland Avenue, London WC2N 5BY, United Kingdomに手紙を送る

 

16. 市民、または主体する追加開示

 

このような追加開示は台市民、または台法律に定められたデタ主体のみ適用されます。

 

A. あなたのデタ主体の   

 

の個人デタ保護法(「PDPA 」)は台市民と台タ主体に下記のような利を提供します。

 

 あなたの個人デタを照して討する

 あなたの個人デタのコピを要求する

 あなたの個人デタを修正したり、改定する

 あなたの個人デタを集、理、また使用停止を要求する

 あなたの個人デタを削除する

 

社はあなたの個人デタへのアクセス提供にして手料を課すことはできません。このような利を行使するためにはprivacy@ncsoft.com までご連絡ください。

 

B. 個人情報の保有期間   

 

社は「情報使用」セクションに記載されている目的を達成するために必要な期間中に上記「情報」セクションに記載されている方法で集した情報を理して使用します。

 

C. お客の個人デタが使用される地域  

 

社「情報共有」セクションに記載されている事者が位置する地域及び「情報使用」に記載されている目的を達成するために必要な地域にして上記「情報共有」セクションに記載されている方法で集した情報を理及び使用します。

 

D. お客が個人デタを提供しない場合の結果   

 

あなたが社に個人デタを提供しないことを選した場合、サビスの一部または全体を使用できなくなる可能性があります。また、あなたはサビス利用によって社が提供する製品、サビス、また販促提案の一部、もしくは全部を受け取られなくなるか、使用できなくなることがあります。

 

 

17. 日本居住者のための追加

 

A. 保護者の同意  

 

あなたが18の場合、本プライバシポリシに同意する前に親者、保護者等の法定代理人の同意を受けなければなりません。

 

B. 要配慮個人情報    

 

人種、信、社的身分、病、犯罪の経歴、犯罪により害を被った事その他あなたについての「特に配慮を要する個人情報」をあなたの同意なしに集したり、第三者に提供しません。このような情報には下記の情報が含まれます。
身体知的精神障害、健康診、その他の査の結果、保健指導、診療調情報、逮捕、索、差押え、勾留、公訴、その他の刑事事件にする手が行われたこと、少年の保護事件にする刑事事件、調査、護の措置、審判、保護分その他の手きが行われたこと。

 

C. 海外送信  

 

セクション4 に基づいてあなたの情報を共有する場合、あなたにする情報は 日本以外の管轄の第三者が送、理、保存及び利用するこができます。あなたがサビスを使用したり、情報を提供することは他管轄の第三者があなたの情報を送、理、使用、共有、保存することにしてあなたが同意したものとみなされます。

あなたが他管轄の第三者にあなたの情報を送、理、使用、共有、保存することにして同意しない場合はサビス利用、またはあなたにする情報提供をしないでください。大韓民、アメリカ、シンガポル、フィリピンは「APEC 越境プライバシル( CBPR )」加盟であり,日本とほぼ同の個人情報保護法制が存在します。 の個人情報の保護にする制度にしては、下記より確認できます。https://www.ppc.go.jp/personalinfo/legal/kaiseihogohou/#gaikoku

 

共同利用

 

セクション4に規定の通り、個人情報を共同利用することがあります。

共同利用する、社名は以下の通りです。なお、個人デタの項目、利用目的等はセクション3及び4に記載されています。

エヌー・ジャパン株式社 

サポ (ncsoft.jp)

 

e. 業員委託先の監督

 

社は、個人情報の安全管理がられるよう業者にして必要かつ適切な監督をするとともに、必要な育を行います。また。個人情報の取り扱いについて委託する場合は、委託先の選定には、委託先が個人情報を適切に扱っていることを確認し、個人情報の適切な取り扱いを求めます。さらに、委託先の監査などにより、適正な監督に努めます。

 

f. 情報漏洩が生した場合の報告

 

社は、あなたの個人情報についての漏洩,滅失,損その他の個人デタの安全確保に係る重大な事態が生した場合には、あなたに速やかに報告するとともに,必要にじて、個人情報保護委員その他の局にも速やかに報告するものとします。

 

g. 情報共有

社は、サビスの履行のために以下のように外部門業者に委託して運しています。

受託

委託業務

NCSOFT Service Corporation

顧客相談、お問い合わせ対応DM送、本人確認理、SMS送、イベント景品提供業務運、管理代行、イベント景品提供(ギフト券など)

NCITS CO.,LTD.

顧客情報管理システム運およびメンテナンス

InfoBank Corp

DAOU Tech., INC.

SMS送プログラム管理

Korea Culture Promotion Inc.

イベント景品提供(ギフト券など)

kt alpha Co., Ltd.

イベント景品提供(ギフト券など)

INCA Internet Corporation.

nProtect Gamegard セキュリティソリュション運管理

ToMin GLOBAL Co.Ltd.

オフライン景品配送業務

Xsolla Inc.

電子決クレジットカデビットカコンビニ決の決代行

 

 

h. 個人情報取扱事業者

 個人情報保護管理責任者は下記となります。

  法人名: NCSOFT Corporation
  
個人情報保護責任者
  
名前: パクウィウォン

 

 

18. ロシア連邦のデタ主体にする追加開示

 

A. 定義   

 「個人デタ」 直接間接的に識別できたり、識別できる個人(個人デタ主体)にするすべての情報

 「個人情報の理」 集、記、システム化、蓄積、保存、体系化(アップデト、修正)を含み、個人情報にして自動化を使用したり、使用しないで遂行するすべての作用、または一連の作業、抽出、使用、移行(提供、アクセス)、個人可解除、ブロック、削除、個人デタ破棄

 NCSOFT」、「運者」 NCSOFTは個人情報を取り扱う事業者です。

 「個人情報主体」、「ユ 社の利用規約に同意した個人(情報主体)

 

B. 個人情報集の目的   

NCSOFTはサビス規約及びエンドユライセンス契約で構成された契約に基づき、ユにサビスを提供するために事前に定められた特定の合法的な目的のために個人デタを集及びします。本プライバシポリシ件にって社が取り扱う個人デタの範疇は「あなたが社に提供する情報」セクションにも記載されています。

 

C. 個人デ理にする法的根  

NCSOFTは下記のような法的根に基づき、ユの個人情報を取り扱います。

 契約行:ユ事者のサビス規約及びエンドユライセンス契約

 個人デ理にする同意(例:ユ話型フォマットに含まれている個人デ理にする同意確認欄を選した場合)

 法令に基づきNCSOFTに委任された義務、機能、限を遂行するためにユの個人情報を取り扱います。

 の個人情報の取り扱いはユ利と自由が侵害されない限り、NCSOFTまたは第三者の利及び法的利益を達成したり、公然の目的を達成するために必要です。

 

D. 個人デ理の手きと   

(a)   者がユの個人デタで行う作業リスト:集、記、システム化、蓄積、保存、体系化(アップデト、修正)、抽出、使用、移行(提供、アクセス)、個人化解除、ブロック、削除、個人デタの破棄

(b)  NCSOFTが使用する個人情報理方法:自動、手動、混合

NCSOFTは個人情報が不正確であることが確認された場合、個人情報のアップデトを保障します。

 

A.    個人情報の保有期間  

社は「情報使用」セクションに記載された目的を達成するために必要な期間中に上記「情報」セクションに明記された方法で集した個人デタを理して使用します

 

B.    個人情報理の終了

下記件のいずれかをたす場合、個人デ理が中止されます。

 

 がサビス規約及びエンドユライセンス契約を一方的に撤回した場合

 が個人情報理にする同意を取り消した場合

 予め定められていた個人情報理の目的を達成した場合

 個人情報ジョリにする同意の有期間が了した場合

 個人デタの無断処理が探知された場合

 

C.    個人デタ主体のユ

 

は自分の個人デタが不完全であるか、古いか、不正確、または不正な方法で獲得したり、明記されている理目的に必要ではない場合、最新化のために(data for familiarization)自分の個人デタを受信して修正、ブロック、または破棄を要求する利があります。また、ユは個人デタの理にする情報を受ける利があります。ユは損失にする補償、及び法定における道的傷害(moral harm)にする補償を含めて自分の利と正な利益を保護する利があります。

 

はいつでも「個人情報取扱事業者」項目に記載されているコミュニケションチャンネルを通してNCSOFTに連絡し、自分の個人情報理を拒否することができます。